新任職員研修 ~会計編~

5/17(金)の午後、2度目の新任職員研修を実施しました。テ-マは「ユニット会計について」
 江南では児童が生活する上で必要な日用品・学用品・食材等の購入費用や学校関係費用・保健衛生・教養娯楽・その他様々な費用の支払いに充てるために、まとまった金額を生活ユニットに預けています。
以前は、庶務担当が勤務している時にのみお金が使用できたそうですが、児童のために休日や緊急でも必要なお金が使えるよう、ある程度の金額を預けています。
大切なのは、そのお金が適切に使われているか、しっかり確認することです。
今回の研修では庶務担当が講師となり、請求や精算の方法、適用する勘定科目、特別育成費や小遣い等、基本的な項目について勉強しました。
正直、完全には理解できなかったと思いますが、「なぜユニット会計があるのか」、そこを考えることで、江南の児童支援の姿勢が伝わったことと思います。